斜め上の科学

表面的にしか伝わりにくい科学のことをわかりやすく丁寧に、、受験勉強についても書きます

Scienceの世界における上下関係

これを見ている理系学部出身者はどれくらいいるのだろうか。

もし、熱心に?研究をしている人、そうしていた人なら経験したことがあるだろう。

 

担当教員との意見の対立

 

私も度々対立をしていたし、

互いの立場は違えど今でもそうである。

 

現実問題、上に立つ人間との意見の衝突は

相手を納得させないといざこざを生じる。

 

特に学術研究になると、教員は頭でっかちになっていて

『俺は今までこうやってきたからそうなんだ!』

とか

『お前なんかの考えがあっているわけがない!』

っている人も多いかと思う。

 

ただ、そういう人に限って周囲とのコミュニケーションが上手くできていなかったり

自分の立ち位置を把握できていない。

大学教員なんて教育者ではなく単なる研究者なのだから

人を育てるということができない人が思っている以上に存在する。

 

自分の研究には興味があるが、他の人の研究はどうでもいい。

他の人のことなんて知らない。

といった感じに。

 

このような場合どうしたらいいのだろうか。

 

私のとった行動は、とにかく論破する。

ものすごく嫌な顔はされたけど、相手がぐうの音も出ないほど理論で攻めてやった。

(というかチームリーダーのレベルが低くて隙だらけだったのもあるが……)

 

このような状態になればまだ救いがあるのだが、

いろいろ実権を握られている学生だと状況はきつい。

 

最近ではアカハラなる言葉もよく聞くので、そういう学生保護の観点に立った

大学内の組織も存在する。

ここ数年、アカハラが原因で学生が命を絶つ話も多いし

知らないところで辞めていく学生もいる。

 

博士になると卒業もかかっているので、成果をまとめないといけないが

指導教官が的外れなことをしていると非常に危険だ。

世の中には実績は凄いが中身が伴っていない研究者は沢山いる。

 

仕事をする上でもそうだが、上司の機嫌をとりつつ業務を行うことができる人

理にかなったことではないとやりたくない人

個々に対応の仕方は違うと思うが

scienceの世界については、結果ですべて示すことができる。

 

しかし、今の日本の現状では、遅くまで研究することや休みを返上で研究することが

未だに美徳であるとされている。

若い人材の芽を摘むことにもなりかねない、根性論は早急に廃止し

アメリカや欧州諸国のような集約型の研究スタイルに切り替えなければ

10年後20年後、日本の研究水準は先進国の中でも下位になりかねないと思う。

 

指導者の立場にいる人達には次世代のことも考えた教育や

これまでの風習を打ち破るようなスタイルを築いてもらいたい。