斜め上の科学

表面的にしか伝わりにくい科学のことをわかりやすく丁寧に、、受験勉強についても書きます

全豪オープン2017の波乱

なんと!昨年まで世界ランク1位だったジョコビッチ選手が

世界4大大会の1つ、全豪オープンでまさかの2回戦負け!

 

ジョコビッチ選手がセカンドウィークに残れないなんていつぶりなんだろう?

てくらいここ数年は強かっただけに驚きです。

とは言え勝者のイストミン選手のプレーはすごかったです。

ジョコビッチ選手が調子が悪いというよりイストミン選手がすごかったのでしょう。

 

しかし、昨シーズンの終わり頃からジョコビッチ選手の覇気というか

絶対に倒せないオーラが薄れている気がします。

あの時のオーラは全盛期のフェデラー選手を彷彿とさせるものがあったのに。

 

私はフェデラー選手の大ファンで

毎年ウィンブルドンは楽しみで楽しみで

寝不足になることは覚悟で毎晩遅くまで観戦していました。

 

当時のフェデラー選手は『一体誰が倒せるのか』というくらい強かったです。

結果的には全仏オープンではナダル選手が立ちはだかり

徐々に現BIG4と言われるジョコビッチ、マレー両選手も上がってきて

彼らでグランドスラムのタイトルを奪い合う状態になっていきました。

 

あの頃は私自身もそれまでやっていた軟式テニスから硬式テニスへと変えた時期だったので

大会の決勝を観てはマネをして、また別の試合を見てはマネをしての繰り返しでした。

 

軟式テニス経験者なら分かると思いますが

硬式テニスのバックハンドストローク、両手打ちはちょっとやりづらいですよね。

私はフェデラー選手が好きだったこともあって最初から片手打ちにしていました。

まあ参考にしたのはどちらかというと女子のエナン選手なのですが。

 

そんなフェデラー選手も昨シーズンの怪我から復帰して全豪オープンでは順当に勝ち上がっており

このまま行けば第4回戦で錦織選手との試合になります。

 

こんな書き方したら『どっち応援してんの?』みたいな感じですが

錦織選手のグランドスラム初タイトルも観たいし

フェデラー選手がグランドスラムタイトルを獲得してまだ戦えることを証明してもらいたいし。

難しいところです。

 

新BIG4の座を狙っている次の世代の選手たちからも目が離せませんね。