斜め上の科学

表面的にしか伝わりにくい科学のことをわかりやすく丁寧に、、受験勉強についても書きます

社会における数学の重要性

皆さんは数学が好きですか?
そして子供の時になぜ数学を勉強したと思いますか?

どうも、こんばんは。
今日は勉強の話です。

私は小さい頃から数学が好き、
と言うより数字が好きでした。

意味もなく羅列されている数字を覚えたり円周率を覚えていった人も多いかと思います。

中学生になってからは、ハッキリとした答えが出るから理系科目、とりわけ数学が好きでしたね。

高校1年生の時少し躓いてしまった時期もありますが、ある本当の出会いをキッカケに再び好きになりました。これついてはいつか書きます。受験生必見!

まあ高校生になってからも数学が好きだった理由はやはり答えがハッキリと出るから。証明問題とか綺麗に説明出来た時は気分良かったね、うん。

ですが、理系の人の中にも数学嫌いでしたとか、理科が得意だったから大学受かりました、みたいな人も不思議と多いですね。

教鞭をとっていた時も
『高校数学って何の役に立つんですか?』
『社会に出ても微積分なんてほとんどつかわないじゃん』
とか言われ、挙句の果てには
『2つの図形が合同であることが示せなくても生きていける』
とまで言われたことも……

確かにね、合同を証明できなくても生きていけるよ。

しかし!私は思うのです!
この環境にいて最近思うこと、それは

『数学が得意だったので人の方が理論的な思考力があり、全体像を把握する能力に長けている。そして問題解決能力が優れている』

そんな気がするんですね。もちろんそうでない方もいます。

数学ってのは理論あってのもの。何処かに間違いがあるとそれ以降は全て破綻してしまう。

条件を絞ったり、起こりうる事象の否定肯定を示したりと正に理論の塊。

だから与えられた命題(議題)を筋道を立てて解く(説明する)ことになる。

これって日頃会社でするプレゼンやミーティングで重要と思いませんか?

数学が嫌いor苦手な上司や同期と話していても
『それはたぶん〜』『俺の勘では〜』
『何となく〜だと思う』
と言う人が多い。

直感が大事なこともあるけど、それは理論や客観的事実に基づいて調べた結果きら推察するべき。

その客観性を身につけるのはやはり数学を学ぶことが必須だと思います。
ましてや社会に出ると答えがないものに挑んでいくことが多いのに、問題集や入試問題の数学を避けてはいけないと思います。

最近は理系離れも進んでいるようで、文系理系の選択も数学が好きか嫌いかで選ぶことも多いそうですね。
そんなことで文理選択をしないで、海外みたいに文系理系の考え方を日本でも廃止すべきなのかとも思います。

何においてもある程度までの数学は社会や組織において重要であることは間違いないと思います。

高校までの用途の分からない微積分や行列、複素数の概念なども大人になってから違う形で役に立っているはず!

まだ学生の人達には数学をしっかり学んで欲しいところですね。