斜め上の科学

表面的にしか伝わりにくい科学のことをわかりやすく丁寧に、、受験勉強についても書きます

真と虚

皆さん、はじめまして。

新しくブログを開設致しました。

 

このブログを始めたきっかけは友人との会話でした。

 

 

2016年の年末、大学時代の友人2人と何年か振りに再会してたくさんの話をしました。

 

そのうちの1人が

『俺、ネットで色々調べててさ、結構間違ってる情報とか多いのが嫌なんだよね。特に専門家でもない人がどこかで得た知識を横流しするだけの人もいるし。』

って言っていた。

 

確かに本当かどうか怪しい内容の記事も多い気がする。ネットニュースを見ても、誰でも書けるようなものや稚拙な記事で溢れ返っている。

 

特に最近は健康だのテロだの選挙だの毎日のように報道されているけど一体何が本当なのか…

 

例えば、テロが起こったとしよう。

その『テロが起こった』ことは事実かもしれないが、その背景には何があるかはあまり報道されていない。

 

過激派組織が声明を出したと言われても、彼らが何故そのようなことをしているかは多くの人が理解できていないだろう。

 

それなのにテロ反対とだけ言っているのは何の解決にもならない。

 

選挙に関してもそうだ。

今の国政のターゲットは年配者、何故なら年配者の方が選挙に行くからだ。政治に対する興味があまりない若者の世代に向けて政策を訴えても票が集まりにくい。それなら票を投じてくれる可能性が高いところに訴えるべきであり、それは当然のこと。

 

しかし、それは若い世代が苦しむ結果になる。でも、政治やら憲法やら、難しくて理解しようとしない。そうなると、まあいっか、で済ませてしまう。そういう悪循環が生まれてしまう。

 

そんなことを友人と話しながら年末を過ごした。そこで出た結論は、やはりその道の専門家は、庶民に対して分かりやすく情報を発信しないといけないよな、ということでした。

 

『じゃあお前、教育してたし、科学も精通してるから書いてみたら?』

と言われました。

 

そう、そんな訳でこのブログを開設したんです。

 

最初なんでちょっと堅苦しい感じでしたが。と言うよりどんな風に書けばいいのかが分からないので…その辺は他の記事を読んで勉強ですね。

 

私の専門は『大学受験』と『科学』です。

大学学部生の時からずっと科学、主に生物学や医学を学んでいます。

その間バイトも含め教育に携わること5年、多くの生徒の成績アップと人としての教育をしてきました。

 

そんな感じで、ニュースで報道されている科学的な内容を分かりやすく嚙み砕いたり、受験について実際に生徒の成績をあげた教材や勉強法について書いていこうかと思います。

 

初回なので今回はこの辺で…

 

次回から内容のある記事を書きますので。