斜め上の科学

表面的にしか伝わりにくい科学のことをわかりやすく丁寧に、、受験勉強についても書きます

科学

Scienceの世界における上下関係

これを見ている理系学部出身者はどれくらいいるのだろうか。 もし、熱心に?研究をしている人、そうしていた人なら経験したことがあるだろう。 担当教員との意見の対立 私も度々対立をしていたし、 互いの立場は違えど今でもそうである。 現実問題、上に立つ…

幹細胞治療の躍進

さてさて そう言えば昨日、幹細胞治療に関するニュースが2報ありました。 1.アメリカの研究チームが人の細胞を持ったブタの退治を作成することに成功 2.日本の研究チームが異種動物間での細胞治療に成功 これらの話題は以前にも少しお話ししました。 scimnog…

男脳と女脳

2日ほどバタバタしていて更新できませんでした。 なのでセンター試験もまだ全部解けていない…… 地理と英語の筆記だけは解いて 地理79点 英語192点 でした。両方現役時より上がってる。笑 でも国語は132点 まあ古文漢文は思ったより忘れていました。 現代文は…

細胞から臓器再生へ

今日もまた、日本の再生医療技術の輝きを見ました。 国立成育医療開発センター(東京)でES細胞を使って小腸の組織再生に成功したとのことです。 先日のiPS細胞での網膜色素変性症の治療といい 最近は臓器再生医療が活発ですね。 scimnography-xxx.hateblo.jp …

iPS細胞の臨床応用

iPS細胞を使った『網膜色素変性症(RP:retinitis pigmentosa)』 の治療法が確立されるかもしれません。 今朝方、理化学研究所(理研)の研究チームがマウスを使った実験で この病気を発症したマウスにiPS細胞から作った網膜組織の細胞を移植することで 失われて…

科学者の雇用体系

どうもです。 ここ数日、旧友や後輩達から新年会の新年会のお誘いがあったので更新出来ませんでした。 昨日か一昨日?ニュースになっていたけど 理化学研究所が終身雇用を4割まで拡大すると言う記事がありました。 みなさんご存知、理研こと理化学研究所は国…

一般大衆へ向けた科学の報道(1)

Yahooニュースに載っていたのでこの内容にしました。 STAP細胞。 私もこの論文は読みました。 当時理化学研究所(理研)で研究員をしていた小保方晴子さんをFirst aouthor(筆頭著者)として2014年1月にNature誌に発表された細胞。 しかし、世界中から様々な疑惑…