斜め上の科学

表面的にしか伝わりにくい科学のことをわかりやすく丁寧に、、受験勉強についても書きます

一般大衆へ向けた科学の報道(1)

Yahooニュースに載っていたのでこの内容にしました。

 

STAP細胞

 

私もこの論文は読みました。

 

当時理化学研究所(理研)で研究員をしていた小保方晴子さんをFirst aouthor(筆頭著者)として2014年1月にNature誌に発表された細胞。

 

しかし、世界中から様々な疑惑が浮上し、結果論文の内容は否定され取り下げられた。

その後小保方氏の手記も出版され話題になった。

皆さんもご存知だと思います。

 

その小保方氏が『婦人公論』という雑誌で日記の連載を始めたらしい。

少し興味あるけどな。

 

STAP細胞については論文撤回後も色々なところで再現実験が行われ

いつだったか他の研究チームがSTAP現象の再現に成功したとの報道もあった。

 

でも実はこのチームの報告はSTAP現象そのものを証明したものではなく

『細胞を酸性が高い条件下で処理をすることで終末分化した細胞が多能性を持った表現系を示す』

ことを発表しただけ。

 

*******************************

少し説明をすると

終末分化とは、細胞は元になる細胞(幹細胞)があって、ある環境や状況に応じていろいろな細胞に変わっていく。これを分化といい、もうこれ以上違う細胞にならない状態の細胞を終末分化した細胞という。

多能性とは、細かい定義はあるが単に言えば色々な細胞になる(分化する)能力を持っている状態のこと。それはその細胞のどの遺伝子が発現(タンパク質がつくられているか)で判断する。俗に言う幹細胞がこれ。

表現系とは、その細胞の遺伝子発現の特徴くらいに捉えたらいいかな。どの遺伝子のスイッチがONになっているかで分類する。本当は形状やその他の性質も必要だけど。

*******************************

 

研究チームがやったのは、jurkat細胞という細胞株 -不死化された細胞- であり、染色体や核の様子が体の中にある細胞と異なります。しかも酸性の強さはpH3程度とSTAP論文とは違います。

 

それをその論文を読んでいない非専門家が『STAP細胞はあった』と発信したため

世の中に謝った情報が広まったんです。

普通に考えてオレンジジュース程度の酸性の液体に浸しただけで多能性を獲得するなら

我々の体は柑橘系のジュースや酢の入った料理を食べるたびに初期化されてしまいそうだという人もいました。まあそう思うよね。

 

結論としてSTAP細胞及びSTAP現象はないとされていますが

特殊な条件下で終末分化した細胞が多能性を獲得することはあります。

 

だってiPS細胞だってそうだし。

今ではがん細胞を攻撃するキラーT細胞をガン患者から採取しiPS細胞にして増やし

またキラーT細胞にしてから体内に戻す試みを行われています。

それ以外にもiPS細胞を使った治療を進めているのは報道からも知られています。

 

今では万能細胞として周知されているiPS細胞も

本来生体内では起こり得ない状況で細胞を培養することで作り出されました。

 

じゃあSTAP細胞みたいなものもあるのでは?って考えるのが普通かと思います。

ただその方法は分からない。

こう書くと『お前はSTAP細胞あると信じているのか?』

と思われますが、答えとしては

『その考え方はあってもいいんじゃないかな』

ってなります。

 

だってES細胞が樹立されて間もない1980年代にiPS細胞の存在を提唱しても誰も信じないでしょう?

けど、あったら面白い!という純粋な好奇心やそういうものを発見して世の中に貢献したい!という気持ちが回り回って世界的な発見に繋がったんです。

 

だからSTAP現象のようなものがあってもいいとは思うんです。

ただ、証明するなら完璧にしないとね。

科学者の端くれとして、再生医療には興味は尽きません。

 

まだまだ言いたいことはあるけど、それはまた今度で………

 

 

 

お題

今週のお題「2017年にやりたいこと」

 

さすがに毎日投稿するとなるとネタもない。

 

年が明けてもう1週間経ちましたね。

今年も残すところあと51週間。

そう考えるとかなり長い気がするけど。

 

そういえば昔、『あなたに残された人生は◯◯秒です』

みたいなのが表示されるアプリがあったな。

そう考えると人生ってあっという間ですね

 

私はその年の初めに年間目標を立てているんですよ。

てことで今日はネタないので今週のお題である『2017年にやりたいこと』を書きます。

やりたいことというか、課題かな?

 

1.今進めているProjectの完結

何と言っても今年はこれに尽きる。

3年間取り組んできたProjectの集大成を迎えるんです。

結果がどうなるかはまだ全く読めないけど、チームのみんなと一緒に毎日夜遅くまで頑張っています。感謝ですね。

有終の美を飾れるように最後まで駆け抜けます。

 

2.健康管理

最近、もう若くないなってひしひしと感じます……

10代の頃は何をやっても翌日体力は回復していて

勉強にサークルにバイトに遊びにと活発でした。

それが今はひたすらProjectに打ち込む日々。

ある意味忍耐力はついたけど、QOLはかなり落ちている。

Projectが完結するまで体調管理に気をつけて倒れないようにしたい。

 

3.肉体改造

これですよ、これ。

上の健康管理にも通ずるものがあるけど、昔に比べて体がだらしない!

昨日の時点で標準体重から+5kg。正月太りしたな……

これをまず、4月までに±0kgにして8月までに-3kg、年末までに-5kgを目指す!

これでも昔は体脂肪率10%切りそうなくらいだったのに……

 

4.語学力のUP

これも大事。せめて英語はスキルアップしたい。

今は同じ建物に入る外国人の人と何とかコミュニケーションを取ることは出来ているけど

やっぱり何かたどたどしいというかぎこちない。

中学生の頃から英語を勉強してきてこれですよ。

しかも英語を使うことしているのに……

なので今年は英語の能力をさらに上げたい。

 

こんな感じかな?

この記事を定期的に見て、目標を忘れないようにしないとね。

 

社会における数学の重要性

皆さんは数学が好きですか?
そして子供の時になぜ数学を勉強したと思いますか?

どうも、こんばんは。
今日は勉強の話です。

私は小さい頃から数学が好き、
と言うより数字が好きでした。

意味もなく羅列されている数字を覚えたり円周率を覚えていった人も多いかと思います。

中学生になってからは、ハッキリとした答えが出るから理系科目、とりわけ数学が好きでしたね。

高校1年生の時少し躓いてしまった時期もありますが、ある本当の出会いをキッカケに再び好きになりました。これついてはいつか書きます。受験生必見!

まあ高校生になってからも数学が好きだった理由はやはり答えがハッキリと出るから。証明問題とか綺麗に説明出来た時は気分良かったね、うん。

ですが、理系の人の中にも数学嫌いでしたとか、理科が得意だったから大学受かりました、みたいな人も不思議と多いですね。

教鞭をとっていた時も
『高校数学って何の役に立つんですか?』
『社会に出ても微積分なんてほとんどつかわないじゃん』
とか言われ、挙句の果てには
『2つの図形が合同であることが示せなくても生きていける』
とまで言われたことも……

確かにね、合同を証明できなくても生きていけるよ。

しかし!私は思うのです!
この環境にいて最近思うこと、それは

『数学が得意だったので人の方が理論的な思考力があり、全体像を把握する能力に長けている。そして問題解決能力が優れている』

そんな気がするんですね。もちろんそうでない方もいます。

数学ってのは理論あってのもの。何処かに間違いがあるとそれ以降は全て破綻してしまう。

条件を絞ったり、起こりうる事象の否定肯定を示したりと正に理論の塊。

だから与えられた命題(議題)を筋道を立てて解く(説明する)ことになる。

これって日頃会社でするプレゼンやミーティングで重要と思いませんか?

数学が嫌いor苦手な上司や同期と話していても
『それはたぶん〜』『俺の勘では〜』
『何となく〜だと思う』
と言う人が多い。

直感が大事なこともあるけど、それは理論や客観的事実に基づいて調べた結果きら推察するべき。

その客観性を身につけるのはやはり数学を学ぶことが必須だと思います。
ましてや社会に出ると答えがないものに挑んでいくことが多いのに、問題集や入試問題の数学を避けてはいけないと思います。

最近は理系離れも進んでいるようで、文系理系の選択も数学が好きか嫌いかで選ぶことも多いそうですね。
そんなことで文理選択をしないで、海外みたいに文系理系の考え方を日本でも廃止すべきなのかとも思います。

何においてもある程度までの数学は社会や組織において重要であることは間違いないと思います。

高校までの用途の分からない微積分や行列、複素数の概念なども大人になってから違う形で役に立っているはず!

まだ学生の人達には数学をしっかり学んで欲しいところですね。

真と虚

皆さん、はじめまして。

新しくブログを開設致しました。

 

このブログを始めたきっかけは友人との会話でした。

 

 

2016年の年末、大学時代の友人2人と何年か振りに再会してたくさんの話をしました。

 

そのうちの1人が

『俺、ネットで色々調べててさ、結構間違ってる情報とか多いのが嫌なんだよね。特に専門家でもない人がどこかで得た知識を横流しするだけの人もいるし。』

って言っていた。

 

確かに本当かどうか怪しい内容の記事も多い気がする。ネットニュースを見ても、誰でも書けるようなものや稚拙な記事で溢れ返っている。

 

特に最近は健康だのテロだの選挙だの毎日のように報道されているけど一体何が本当なのか…

 

例えば、テロが起こったとしよう。

その『テロが起こった』ことは事実かもしれないが、その背景には何があるかはあまり報道されていない。

 

過激派組織が声明を出したと言われても、彼らが何故そのようなことをしているかは多くの人が理解できていないだろう。

 

それなのにテロ反対とだけ言っているのは何の解決にもならない。

 

選挙に関してもそうだ。

今の国政のターゲットは年配者、何故なら年配者の方が選挙に行くからだ。政治に対する興味があまりない若者の世代に向けて政策を訴えても票が集まりにくい。それなら票を投じてくれる可能性が高いところに訴えるべきであり、それは当然のこと。

 

しかし、それは若い世代が苦しむ結果になる。でも、政治やら憲法やら、難しくて理解しようとしない。そうなると、まあいっか、で済ませてしまう。そういう悪循環が生まれてしまう。

 

そんなことを友人と話しながら年末を過ごした。そこで出た結論は、やはりその道の専門家は、庶民に対して分かりやすく情報を発信しないといけないよな、ということでした。

 

『じゃあお前、教育してたし、科学も精通してるから書いてみたら?』

と言われました。

 

そう、そんな訳でこのブログを開設したんです。

 

最初なんでちょっと堅苦しい感じでしたが。と言うよりどんな風に書けばいいのかが分からないので…その辺は他の記事を読んで勉強ですね。

 

私の専門は『大学受験』と『科学』です。

大学学部生の時からずっと科学、主に生物学や医学を学んでいます。

その間バイトも含め教育に携わること5年、多くの生徒の成績アップと人としての教育をしてきました。

 

そんな感じで、ニュースで報道されている科学的な内容を分かりやすく嚙み砕いたり、受験について実際に生徒の成績をあげた教材や勉強法について書いていこうかと思います。

 

初回なので今回はこの辺で…

 

次回から内容のある記事を書きますので。